基本情報技術者平成13年春期 午前問76

午前問76

マネジメントサイエンスの各種手法の適用に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 機械の信頼性分析を行うために,PERT手法を適用した。
  • 財務諸表を用いて経営分析を行うために,待ち行列モデルを適用した。
  • 市場における製品の売上を予測するために,時系列分析を用いた。
  • 製品の品質管理のために,シンプレックス法を用いた。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H18秋期 問71
  • 基本情報技術者 H17春期 問76

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

  • PERT(Program Evaluation and Review Technique)は、対象とするプロジェクトを完遂させるために必要となるタスクを分析し、全体が完了するための最短時間を特定する手法です。
  • 待ち行列モデルは、銀行のATMに並ぶ顧客の列、レジに並ぶ顧客の列などのように順番待ちの行列を確率モデル化し、待ち時間や待ち行列の長さを計算する手法です。
  • 正しい。時系列分析は、時系列データを分析することで、それらの関係を明らかにし、将来の売り上げ予測などに用いる手法です。
  • シンプレックス法は、線形計画問題を解くための手法です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop