基本情報技術者平成13年春期 午前問59

午前問59

システムの保守において,結果の確認に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 結果確認は,人間の感覚ではなく常に実行テストや計測機器で行う。
  • 障害は起きたが自動的に復旧された項目は,確認項目から外すことができる。
  • 障害保守の結果が確認されたとき,原因を調査・分析して予防保守計画に反映させる。
  • 保守完了報告書は,保守作業が行われたことだけが確認できる程度に簡略化する。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » 保守・廃棄

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop