基本情報技術者平成13年春期 午前問5

午前問5

浮動小数点演算において,値の近い数値の減算で有効数字のけた数が減る現象はどれか。
  • 打切り誤差
  • けた落ち
  • 情報落ち
  • 丸め誤差

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

  • 打切り誤差は、無限小数などの計算を途中で打ち切ることなどによって生じる誤差です。
  • 正しい。けた落ちは、浮動小数点演算において絶対値の非常に近い値同士の加減算をした結果、有効桁数が減ってしまう現象です。
  • 情報落ちは、浮動小数点演算において,絶対値の大きな数と絶対値の小さな数の加減算を行ったとき,絶対値の小さな数の有効けたの一部または全部が結果に反映されないことをいいます。
  • 丸め誤差は、数表現のけた数に限度があるので,最下位けたより小さい部分について四捨五入や切上げ,切捨てを行うことによって生じる誤差です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop