基本情報技術者平成13年春期 午前問30

午前問30

仮想記憶におけるセグメンテーション方式とぺージング方式に関する記述のうち,ぺージング方式の特徴はどれか。
  • 仮想アドレス空間の管理単位である領域の大きさを,実行時に動的に変更できる。
  • 実記憶領域の利用効率が高く,領域管理も容易である。
  • プログラムからみた論理的な単位でアクセス保護を行うことができる。
  • プログラム実行中のモジュールの取込みや共有を容易に行うことができる。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » オペレーティングシステム

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop