基本情報技術者平成13年秋期 午前問35

午前問35

データを格納するとき,関数によってそのデータのキー値を格納アドレスに変換するファイルアクセス手法はどれか。
  • 索引編成
  • 順編成
  • 相対編成
  • ハッシュ編成

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

ハッシュ編成は、関数を用いてレコードのキー値からレコードの格納アドレスを求めることによってアクセスする方法です。
ハッシュ値が重複すると格納アドレスの競合が発生するので、ハッシュ法では同じハッシュ値の発生確率ができるだけ低くなっていることが理想です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop