オリジナル模擬試験2 問40

問40

クロスサイトスクリプティングによる攻撃を防止する対策はどれか。
  • OSのセキュリティパッチを適用する。
  • WebサーバにSNMPエージェントを常駐稼働させる。
  • Webサイトへの入力データを表示するときに特殊文字のエスケープ処理を行う。
  • 許容範囲を超えた大きさのデータの書込みを禁止する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

この問題に対する解説は、まだ作成されていません。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop