オリジナル模擬試験1 問24

問24

HTMLとXMLの特徴を比較した記述のうち,適切なものはどれか。
  • HTMLでは属性値をすべて二重引用符(")または一重引用符(')で囲む必要があるが,XMLではその必要がない。
  • HTMLではユーザが独自に要素を定義できるが,XMLでは言語仕様で決められた要素だけが有効である。
  • HTMLでは要素によっては終了タグを省略できるが,XMLでは開始タグと終了タグで内容を囲むか,空要素の形式で記述する必要がある。
  • HTMLでは要素名の大文字と小文字を区別するが,XMLでは区別しない。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » その他の言語

正解

解説

  • HTMLでは属性値を引用符で囲まないこともできますが、XMLでは属性値の引用符囲みは必須事項です。
  • XMLではユーザが独自にタグを定義できます。
  • 正しい。XMLでは終了タグを省略することができません。
  • HTMLでは大文字と小文字の区別がありませんが、XMLでは区別されます。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop