基本情報技術者令和元年秋期 午前問59

午前問59

情報システム部が開発して経理部が運用している会計システムの運用状況を,経営者からの指示で監査することになった。この場合におけるシステム監査人についての記述のうち,最も適切なものはどれか。
  • 会計システムは企業会計に関する各種基準に準拠すべきなので,システム監査人を公認会計士とする。
  • 会計システムは機密性の高い情報を扱うので,システム監査人は経理部長直属とする。
  • システム監査を効率的に行うために,システム監査人は情報システム部長直属とする。
  • 独立性を担保するために,システム監査人は情報システム部にも経理部にも所属しない者とする。
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H25春期 問59

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

  • 会計監査ではなく、会計システムの運用状況の監査なので公認会計士とする必要はありません。
  • 経理部長の直属では、経理部が運用しているシステムの監査を公平に行うことができない可能性があります。監査人は客観的な評価者としての立場を堅持しなくてはならないため不適切です。
  • 情報システム部長の直属では、情報システム部が開発したシステムの監査を公平に行うことができない可能性があります。監査人は監査対象部門から独立していなればなりません。
  • 正しい。システム監査人には、監査対象部門と身分的及び精神的に利害関係がない者を任命し、客観的な視点から公平・公正な判断を行えるようにしなくてはなりません。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop