基本情報技術者令和元年秋期 午前問19

午前問19

バックアップ方式の説明のうち,増分バックアップはどれか。ここで,最初のバックアップでは,全てのファイルのバックアップを取得し,OSが管理しているファイル更新を示す情報はリセットされるものとする。
  • 最初のバックアップの後,ファイル更新を示す情報があるファイルだけをバックアップし,ファイル更新を示す情報は変更しないでそのまま残しておく。
  • 最初のバックアップの後,ファイル更新を示す情報にかかわらず,全てのファイルをバックアップし,ファイル更新を示す情報はリセットする。
  • 直前に行ったバックアップの後,ファイル更新を示す情報があるファイルだけをバックアップし,ファイル更新を示す情報はリセットする。
  • 直前に行ったバックアップの後,ファイル更新を示す情報にかかわらず,全てのファイルをバックアップし,ファイル更新を示す情報は変更しないでそのまま残しておく。

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » ファイルシステム

正解

解説

主なバックアップ方式として、フルバックアップ、差分バックアップ、増分バックアップの3種類があります。
フルバックアップ
毎回、全ファイルのバックアップを行う方式。復旧時間は短くなるが、バックアップに必要な容量が多い分バックアップに要する時間は長い。
19_1.gif/image-size:272×190
差分バックアップ
定期的にフルバックアップを行い、フルバックアップの間の期間は、フルバックアップ以降に変更のあった全てのファイルを記録する方式。障害発生時にはフルバックアップと直前の差分バックアップ1つを使用して復旧する。
19_2.gif/image-size:272×190
増分バックアップ
定期的にフルバックアップを行い、フルバックアップの間の期間は、前回の増分バックアップ以降に変更のあったファイルだけを記録する方式。一度にバックアップする量は少なくて済むが、回復にはフルバックアップと複数の増分バックアップが必要になるので、障害発生時の復旧時間は長くなる。
19_3.gif/image-size:272×190
3つの方式の特徴を踏まえると各記述を次のように分類できます。
  • 差分バックアップの説明です。
  • フルバックアップの説明です。
  • 正しい。増分バックアップの説明です。
  • フルバックアップの説明です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop