基本情報技術者令和元年秋期 午前問16

午前問16

2台の処理装置から成るシステムがある。少なくともいずれか一方が正常に動作すればよいときの稼働率と,2台とも正常に動作しなければならないときの稼働率の差は幾らか。ここで,処理装置の稼働率はいずれも0.9とし,処理装置以外の要因は考慮しないものとする。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H17秋期 問15
  • 初級シスアド H20春期 問13
  • 基本情報技術者 H27秋期 問15

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

稼働率を R とすると「少なくともいずれか一方が正常に動作すればよいときの稼働率」は並列接続として表せるため、

 1−(1−R)2

「2台とも正常に動作しなければならないときの稼働率」は直接接続として表せるため、

 R2

という公式を用いてシステム全体としての稼働率を計算できます。Rに0.9を代入してそれぞれの稼働率を求め、差を導きます。

[直接接続]
 0.9×0.9=0.81

[並列接続]
 1−(1−0.9)2=1−0.12=0.99

[2つの稼働率の差]
 0.99−0.81=0.18

差は0.18ですので「ウ」が正解です。
© 2010-2020 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop