平成15年秋期試験午前問題 問40

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
バーチャルリアリティの説明として,最も適切なものはどれか。

  • CGなどの技術を用いることによって,コンピュータ内に作る世界を,実際の世界であるかのように表現することである。
  • GUIの改善を目的として,画像を上から順次表示するのではなく,モザイク状の粗い画像をまず表示して,徐々に鮮明に表示することである。
  • 自動車や飛行機の設計に使われている風洞実験などを,コンピュータを使用して模擬実験し,想定した結果が得られるかどうかを試験することである。
  • 人間がもっている認識や推論などの能力を,コンピュータでも可能にすることである。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:マルチメディア
小分類:マルチメディア応用
バーチャルリアリティ(Virtual Reality)は、日本語で「仮想現実」と訳され、コンピュータなどによって作り出された世界をコンピュータグラフィックスなど利用してユーザに体験させる技術です。単にコンピュータグラフィックスを見せるだけでなく、ユーザが仮想世界に働きかけることができ、人間の五感のいずれかにその反応が返ってくることで人工的な現実感を得ることができることが特徴です。

したがって、正解は「ア」です。
  • 正しい。
  • インターレースの説明です。
  • コンピュータ・シミュレーションの説明です。
  • 人工知能(AI:artificial intelligence)の説明です。

Pagetop