平成28年秋期試験午前問題 問12

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
データを分散して複数の磁気ディスクに書き込むことによって,データ入出力の高速化を図る方式はどれか。

  • ストライピング
  • スワッピング
  • ディスクキャッシュ
  • ミラーリング
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
  • 正しい。ストライピングは、複数のディスクに分散してデータを書き込むことで、アクセス性能を向上させる手法です。
  • スワッピングは、なんらかの理由で主記憶上にあるプログラムが長時間待ち状態になっている場合に、そのプログラムを実行中のまま補助記憶上のスワップと呼ばれる場所に退避し、他のプログラムを主記憶にロードすることで中記憶の効率的な利用を行う手法です。
  • ディスクキャッシュは、ハードディスクで読書きがあったデータを一時的にメモリに保存しておき、再度そのデータに対して処理要求があったときに高速な読み書きを行えるようにする仕組みです。
  • ミラーリングは、2つのディスクに同時に同じデータを書き込み冗長化することで信頼性を高める手法です。

この問題の出題歴


Pagetop