平成26年秋期試験午前問題 問4

次に示す計算式と逆ポーランド表記法の組合せのうち,適切なものはどれか。

04.gif
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:基礎理論
小分類:情報に関する理論
通常の式を、逆ポーランド表記法で表現するための基本は、A+B(項 演算子 項) を AB+(項 項 演算子)で表すことです。これと一回使った演算子は2度使わないことに注意して、普通に計算式を解くのと同じ要領で行っていくことで逆ポーランド表記法の式になります。

以下の式では、変換対象をわかりやすくするために変換対象となる左項を、右項をで示しています。
  •  ((ab)*c)-d
    →(ab+c)-d
    ab+c*d
    →ab+c*d-
    異なるため誤りです。
  •  (a+(bc))-d
    →(abc*)-d
    abc*+d
    →abc*+d-
    異なるため誤りです。
  •  (ab)*(cd)
    ab+cd-
    →ab+cd-*
    異なるため誤りです。
  •  a+(b*(cd))
    →a+(bcd-)
    abcd-*
    abcd-*+
    変換結果が設問の表の式と一致するため適切な組合せです。

Pagetop