平成26年秋期試験午前問題 問28

関係を第3正規形まで正規化して設計する目的はどれか。

  • 値の重複をなくすことによって,格納効率を向上させる。
  • 関係を細かく分解することによって,整合性制約を排除する。
  • 冗長性を排除することによって,更新時異状を回避する。
  • 属性間の結合度を低下させることによって,更新時のロック待ちを減らす。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース設計
  • 重複の排除は第1正規化で実施されます。
  • 表が多くなるほどに整合性制約の数は増していきます。
  • 正しい。正規化の目的は冗長性の排除することで更新時異状を回避し、データベースの一貫性を確保することです。
  • 正規化はパフォーマンス向上のために行うわけではありません。
    正規化を行うと表が幾つかに分割され、更新時にはこれらの表の結合が行われます。表が分割されるほどに結合処理も増加するのでロック待ちの減少には繋がりません。

Pagetop