平成23年特別試験午前問題 問19

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
Webサーバとデータベースサーバ各1台で構成されているシステムがある。次の運用条件の場合,このシステムでは最大何TPS処理できるか。ここで,各サーバのCPUは,1個とする。

〔運用条件〕
  • トランザクションは,Webサーバを経由し,データベースサーバでSQLが実行される。
  • Webサーバでは,1トランザクション当たり,CPU時間を1ミリ秒使用する。
  • データベースサーバでは,1トランザクション当たり,データベースの10データブロックにアクセスするSQLが実行される。1データブロックのアクセスに必要なデータベースサーバのCPU時間は,0.2ミリ秒である。
  • CPU使用率の上限は,Webサーバが70%,データベースサーバが80%である。
  • トランザクション処理は,CPU時間だけに依存し,Webサーバとデータベースサーバは互いに独立して処理を行うものとする。

  • 400
  • 500
  • 700
  • 1,100
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
TPS(Transaction Per Second)は、システムが1秒間に処理できるトランザクション数を表す単位です。

Webサーバでは1トランザクション当たり1ミリ秒のCPU時間を使用するので、1秒間で最大1000トランザクションを処理できることになります。しかし問題文にはCPU使用率の条件が設定されており、これによりWebサーバのCPU使用時間は1秒間に最大で700ミリ秒に制約されます。
したがってWebサーバのTPSは700になります。

データベースサーバも同様に使用率の上限が80%なので、CPU使用時間は1秒間に最大で800ミリ秒に制約されます。
1トランザクション当たりのCPU使用時間は、
 10データブロック×0.2ミリ秒=2ミリ秒

最大CPU使用時間を1トランザクションあたりのCPU時間で割ると、
 800÷2=400

したがってデータベースサーバのTPSは400になります。

WebサーバのTPSが700,データベースサーバが400なので比較したときに少ない400TPSがシステム全体として処理可能なトランザクション数となります。

Pagetop