平成23年特別試験午前問題 問17

システムの信頼性設計のうち,フールプルーフを採用した設計はどれか。

  • オペレータが不注意による操作誤りを起こさないように,操作の確認などに配慮した設計
  • システムの一部に異常や故障が発生したとき,その影響が小さくなるような設計
  • 障害の発生を予防できるように,機器の定期保守を組み入れた運用システムの設計
  • 装置を二重化し,一方が故障してもその装置を切り離してシステムの運用を継続できる設計
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
フールプルーフ(fool proof)は、不特定多数の人が操作しても、誤動作が起こりにくいように設計する考え方です。具体例としては入力データのチェックや、エラーメッセージの表示など人為的ミスによるシステムの誤動作を防ぐ仕組みを設計段階で組み入れます。
  • 正しい。
  • フォールトマスキングの考え方です。
  • フォールトアボイダンスの考え方です。
  • フォールトトレラントの考え方です。

Pagetop