平成20年春期試験午前問題 問36

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
ADSLに関する記述として,適切なものはどれか。

  • 既存の電話回線(ツイストペア線)を利用して,上り下りの速度が異なる高速データ伝送を行う。
  • 電話音声とデータはターミナルアダプタ(TA)で分離し,1本の回線での共有を実現する。
  • 電話音声とデータを時分割多重して伝送する。
  • 光ファイバケーブルを住宅まで敷設し,電話やISDN,データ通信などの各種通信サービスを提供する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク応用
ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)は、一般家庭に普及しているアナログ電話回線(ツイストペア線)をそのまま利用し、それまでに使用されていなかった周波数帯域を利用することでディジタル通信を行う伝送方式です。「下り」(通信業者から利用者へ)と「上り」(利用者から通信業者へ)の通信速度が異なるため非対称ディジタル加入者線とも呼ばれます。
  • 正しい。ADSLの説明です。
  • 電話音声とデータの分離はスプリッタで行います。
  • ADSLでは、直交周波数分割という多重方式が採用されています。
  • ADSLではアナログ電話回線(ツイストペア線)を使用します。ISDN(Integrated Services Digital Network)はディジタル回線(メタル線)を使用するのでADSLからは接続することができません。

この問題の出題歴


Pagetop