平成19年春期試験午前問題 問36

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
XMLの特徴のうち,最も適切なものはどれか。

  • XMLでは,HTMLにWebページの表示性能の向上を主な目的とした機能を追加している。
  • XMLでは,ネットワークを介した情報システム間のデータ交換を容易にするために,任意のタグを定義することができる。
  • XMLで用いることができるスタイル言語は,HTML と同じものである。
  • XMLは,SGMLを基に開発されたHTMLとは異なり,独自の仕様として開発された。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:アルゴリズムとプログラミング
小分類:その他の言語
XML(eXtensible Markup Language)は、ユーザが定義したタグを用いて文書構造を記述するマークアップ言語です。
HTMLが、Webページを記述するための言語であるのに対して、XMLは、データ交換のための汎用のデータ形式です。HTMLで使用するタグはあらかじめ定義済みのものですが、XMLではユーザが新しくタグや属性を定義・使用することが可能になっています。
  • XMLはwebサービスのデータ受け渡しにも使用されますが、目的はデータ交換であり、表示性能の向上ではありません。
  • 正しい。
  • HTMLではスタイル言語にCSS(Cascading Style Sheets)が用いられますが、XMLではXSL(eXtensible Style Language)というスタイル言語が用いられます。
  • XMLもHTMLと同様にSGML(Standard Generalized Markup Language)をベースに開発されました。

この問題の出題歴


Pagetop