平成19年春期試験午前問題 問10

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
8ビットのレジスタがある。このレジスタの各ビットの値を d0,d1,…,d7とし,パリティビットの値をpとする。奇数パリティの場合,常に成立する関係式はどれか。ここで,⊕は排他的論理和演算を表す。

  • 0⊕d0⊕d1⊕ … ⊕d7=p
  • d0⊕d1⊕ … ⊕d7=p
  • d0⊕d1⊕ … ⊕d7⊕p=0
  • d0⊕d1⊕ … ⊕d7⊕p=1
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:基礎理論
小分類:通信に関する理論
XOR演算には次のように演算対象の各ビットのなかの「1」の数が奇数個であれば結果は1、偶数個であれば結果が0になるという特徴があります。
  • 0⊕0⊕0=0
  • 1⊕0⊕0=1
  • 0⊕1⊕0=1
  • 0⊕0⊕1=1
  • 1⊕1⊕0=0
  • 1⊕0⊕1=0
  • 0⊕1⊕1=0
  • 1⊕1⊕1=1
奇数パリティは、データを構成するビット全体の中でビット「1」の数が奇数個になるようにパリティビットを付加する方式なので、パリティビットを含めた各ビットをすべてXOR演算した結果は必ず「1」となります。

したがって「エ」の関係式が適切です。

この問題の出題歴


Pagetop