平成17年春期試験午前問題 問73

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
標準原価計算の説明として,適切なものはどれか。

  • 原価要素を変動費と固定費に分類し,変動費を製品原価として計算し,固定費は発生した期間の費用 (期間原価) として計算する。
  • 新製品の企画・開発段階において,目標販売価格から目標利益を差し引いた許容原価を基に目標原価を設定する。
  • 製品1単位当たりの達成すべき原価を設定し,それを基準に計算した結果と実際原価との原価差異を分析する。
  • 発生した原価を,活動単位に集計して活動コストを求め,それを製品やサービスに割り当てる。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:会計・財務
標準原価計算とは、実際の製造で必要となった実際原価ではなく、統計などに基づいて算定した標準原価によって製品原価を計算する方式です。
この方法では標準原価と実際に掛かった原価を比較することで、その原因を分析(差異を把握)し原価管理を効率的に行うことができるということが解答のポイントとなります。
  • 直接原価計算の説明です。
  • 目標原価の設定法の1つである割付法の説明です。
  • 正しい。
  • ABC(Activity Based Costing:活動基準原価計算)の説明です。

Pagetop