平成17年春期試験午前問題 問5

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
方程式 f(x)=0の解の近似値を求めるアルゴリズムとして知られているニュートン法に関する記述として,適切なものはどれか。

  • 関数f(x)が解の付近で微分不可能であっても,解の近似値を求めることができる。
  • 幾何学的には,y=f(x)の接線を利用して解の近似値を求めるものである。
  • 異なる初期値を二つ与える必要がある。
  • どのような初期値を与えても,必ず解の近似値が得られる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:基礎理論
小分類:応用数学
ニュートン法は、非線形関数の解を求めるために使用されている方法です。接線の方程式を反復的に求めることによってf(x)=0となるxの値の近似値を得ます。
  • 関数f(x)が微分可能であることが条件です。
  • 正しい。
  • 解の候補値として設定したx0を初期値とします。
  • 解の候補値として設定したx0を初期値とします。

この問題の出題歴


Pagetop