平成15年春期試験午前問題 問33

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
スプーリング機能を使用してプリンタ出力を行うシステムがある。次の条件を満たすためには,スプーリングファイルの容量は少なくとも何Mバイト必要か。

〔条件〕
  • 1ジョブ当たりの印刷データは2Mバイトである。
  • スプーリングファイル上では,データは50%に圧縮される。
  • 1時間当たり100ジョブを処理し,処理のばらつきは考慮しなくてよい。
  • 最大5時間分の印刷データをスプーリングできる。

  • 100
  • 250
  • 500
  • 1,000
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:オペレーティングシステム
「1ジョブ当たりの印刷データは2Mバイトである」が、「スプーリングファイル上では、データは50%に圧縮される」ので、印刷データは1Mバイトです。
そして、「1時間当たり100ジョブを処理し」、「最大5時間分の印刷データをスプーリング」するので、

 1Mバイト×100ジョブ×5時間=500Mバイト

したがって、正解は「ウ」です。

スプーリング機能とは、プリンタなどの低速な入出力装置に対するデータの転送を、磁気ディスク装置などを介して実行することです。入出力装置とCPUでは動作速度の差が大きく、CPUが処理の途中で入出力命令を出すと、入出力動作が終了するまでの間はCPUの待ち時間が増加し、スループットが低下します。
スプーリング機能では、入出力装置とやり取りするデータを一度外部記憶装置などへ転送し、外部記憶装置と入出力装置の間でデータをやり取りします。これによってCPUは低速な入出力装置の動作完了を待つことなく、次の処理に移ることができるためスループットを大幅に向上できます。

Pagetop