平成15年秋期試験午前問題 問71

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
公開かぎ暗号方式で,送信者が受信者に暗号文を送る場合の手順はどれか。

  • 送信者は自分の公開かぎで暗号化し,受信者は自分の秘密かぎで復号する。
  • 送信者は自分の秘密かぎで暗号化し,受信者は送信者の公開かぎで復号する。
  • 送信者は受信者の公開かぎで暗号化し,受信者は自分の秘密かぎで復号する。
  • 送信者は受信者の秘密かぎで暗号化し,受信者は自分の公開かぎで復号する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
公開かぎ暗号方式は、受信者のかぎを使って暗号化・復号する暗号化通信方式です。

送信者は、受信者の公開かぎを使って暗号化したデータを送信し、受信者は自分の秘密かぎを使ってデータを復号します。考え方として、暗号化は誰でもできるが復号できるのは、受信者だけということです。データが途中で傍受されても復号はできないので、安全性が確保されます。通信相手が複数の場合でも必要となるかぎの数は1つだけでよく、共通かぎ暗号方式で問題のあった事前のかぎ送付の煩雑さ・かぎ数の多さを克服した暗号方式です。

Pagetop