平成14年秋期試験午前問題 問49

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
ホワイトボックステストのテストデータの作成方法に関する記述として,適切なものはどれか。

  • 同値分割の技法を使用してテストデータを作成する。
  • プログラムの外部仕様に基づいてテストデータを作成する。
  • プログラムの内部構造に基づいてテストデータを作成する。
  • プログラムの入力と出力の関係からテストデータを作成する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア構築
ホワイトボックステストは、プログラムやモジュールの単体テストとして実施されるテスト手法で、内部構造に基づき仕様書どおりに動作するかを検証するために実施されるテストです。

したがって「ウ」が適切です。そのほかの選択肢はブラックボックステストのテストデータ作成法です。

Pagetop