平成14年秋期試験午前問題 問48

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
システムのテストを行う際の考え方として,適切なものはどれか。

  • テストとは,正常に動作することを確認することであり,誤った操作に対するテストは省略してよい。
  • テストとは,品質確認のために行うものであり,正常に動作する場合,その記録は不要である。
  • テストを行う場合,エラーが存在しないことを完全に証明するデータを作成しなければならない。
  • テストを行う場合,可能な限りエラーを見つけることができるようにテストデータを作成しなければならない。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:システム結合・適格性テスト
  • 誤った操作が行われた際に「処理が中断されないか」「正しいエラー処理がされるか」などの検証も必要です。
  • 正常に動作する場合の記録も必要です。
  • エラーが存在しないことを完全に証明することは、ほぼ不可能です。
  • 正しい。成果物の品質を高めるために、エラーを可能な限り見つけることができるようなテストデータを作成する必要があります。

Pagetop