平成14年秋期試験午前問題 問29

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
スワッピングに関する記述として,適切なものはどれか。

  • 仮想記憶の構成単位であるページを,主記憶から補助記憶に書き出したり,補助記憶から主記憶に読み込んだりする。
  • システム資源全体の利用率の向上などのために,主記憶と補助記憶の間でプロセスを単位として領域の内容を交換する。
  • 主記憶上に分散した空き領域を移動して,連続した大きな空き領域を生成する。
  • プログラムを機能ごとにモジュールに分割し,実行時に必要なモジュールだけをロードする。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:オペレーティングシステム
スワッピングは、なんらかの理由で主記憶上にあるプログラムが長時間待ち状態になっている場合に、そのプログラムを実行中のまま補助記憶上の「スワップ」と呼ばれる場所に退避し、他のプログラムを主記憶にロードすることで主記憶の効率的な利用を行う方法です。
  • ページング方式の説明です。
  • 正しい。スワッピングの説明です。
  • ガベージコレクションの説明です。
  • オーバレイの説明です。

Pagetop