平成13年秋期試験午前問題 問55

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
ソフトウェア開発の見積りに使われるファンクションポイント法に関する記述として,適切なものはどれか。

  • ソースプログラムの行数を基準に,アルゴリズムの複雑さを加味して,ソフトウェアの開発期間を見積もる。
  • ソフトウェアの規模を基準に,影響要因を表す補正係数を使って,ソフトウェアの開発工数を見積もる。
  • 単位規模当たりの潜在バグ数を予測することによって,ソフトウェアの品質を見積もる。
  • 帳票数,画面数,ファイル数などからソフトウェアの機能を定量化することによって,ソフトウェアの規模を見積もる。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:プロジェクトマネジメント
小分類:コストマネジメント
  • プログラムステップ法の説明です。
  • COCOMOの説明です。
  • バグ埋め込み法についての説明です。
  • 正しい。ファンクションポイント法の説明です。

この問題の出題歴


Pagetop