平成13年秋期試験午前問題 問34

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
ファイル編成に関する記述として,適切なものはどれか。

  • 区分編成ファイルは,ディレクトリとメンバから構成され,メンバ単位での更新はできない。
  • 索引編成ファイルは,直接アクセスと順アクセスの両方を可能としている。レコードの削除や挿入によって,アクセス効率や記録効率が低下することはない。
  • 順編成ファイルは,レコードを順番に記録しているだけなので,キーによるアクセスはできないが,記録効率は高い。
  • 直接編成ファイルは,キーの値の分布にかかわらず,アクセス時間が一定であり,記録効率も高い。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:ファイルシステム
この問題に対する解説はまだありません。

Pagetop