平成13年秋期試験午前問題 問32

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
多重プログラミングに関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • CPUの利用率は低下するが,ターンアラウンドタイムを向上させることができる。
  • 同じ仮想記憶空間内に配置されたタスク間だけで多重プログラミングが可能となる。
  • 主記憶上に複数のタスクを置き,CPUの見かけ上の共用を可能としている。
  • 多重プログラミングはシングルプロセッサでの機能であり,マルチプロセッサでは利用できない。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:オペレーティングシステム
この問題に対する解説はまだありません。

Pagetop