アセンブラ

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
らーゆさん
(No.1)
GR1にアドレスが格納されていたら、
LAD GR2,0,GR1とLD GR2,GR1は同じと考えてよいのでしょうか?
2020.09.06 14:10
助け人さん
(No.2)
それで合っています。

類似したものを書き出します。
LD GR2,GR1  ・・・  GR1の値をGR2に代入。GR1がアドレスなら、GR2にはそのアドレス
LD GR2,0,GR1  ・・・  (0+(GR1の値))=GR1の値  というアドレスにある値  をGR2に代入
LAD GR2,0,GR1  ・・・  (0+(GR1の値))=GR1の値  というアドレス  をGR2に代入
2020.09.06 18:02
らーゆさん
(No.3)
この投稿は投稿者により削除されました。(2020.09.07 02:37)
2020.09.07 02:37
らーゆさん
(No.4)
類似のものでのわかりやすい説明ありがとうございます。
追加で質問をしてしまい申し訳ないのですが、GR1に1が入っていた場合、
LD GR2,1,GR1にはGR2に2が入り、
LAD GR2,1,GR1の場合はGR2にアドレスの2番地が入るという解釈であっているでしょうか?
2020.09.07 02:42
助け人さん
(No.5)
(No.2)に当てはめてください。前者が違います。
GR1が1のとき、
LD GR2,1,GR1  ・・・  GR2は2番地にある値
LAD GR2,1,GR1  ・・・  GR2は2

LDはそこ(1.GR1)番地にある値、LADはそこ(1.GR1)番地のアドレスが入ると覚えましょう。
ただし、LD GR2,GR1の形式では、そこではなく、GR1の値が入ります。
2020.09.07 06:47
らーゆさん
(No.6)
LDはそのアドレスの値で、LADはそのアドレスということを意識して、上記の例5つを見るとよく理解できました。
ありがとうございます。
2020.09.07 21:49

返信投稿用フォーム

スパム防止のために初投稿日から10日以上経過したスレッドへの書き込みは禁止しています。

その他のスレッド


Pagetop