HOME»【ト】からはじまるキーワード(12語)

【ト】からはじまるキーワード(12語)

トップダウンテスト 
上位のモジュールから下位のモジュールへと順に結合しながらテストをしていく手法。未完成の下位モジュールの代わりにスタブが必要になる。
FEAP テクノロジ系
トランスレータ Translator
ある処理系用に書かれた原始プログラムを,ほかの処理系用の原始プログラムに変換する言語プロセッサ。
FEAP テクノロジ系
トレーサ 
プログラムを命令単位で実行し、その直後のメモリやレジスタの内容などをモニタリングすることができるツール。プログラムのステップごとにエラーがないかどうかを検証するときに有効である。
FEAP テクノロジ系
トレーサビリティ Traceability
日本語で追跡可能性ともいわれる。
元は流通業界から生まれた言葉で、対象とする物品(とその部品や原材料)の生産から販売に至るまでの流通履歴を確認できる状態にあることをいう。
利害関係者要件の確認の場合にも、いつ誰が何をしたかの記録を積み重ねることによって、変更要求から実装までの経過を遡って追跡することが可能になり、問題が起こった場合にも何処に原因があるかを特定しやすくなるという利点がある。
FE ストラテジ系
トレードマーク 
他の商品と区別するために付けられる商標の右肩についている(R)や(TM)マークのこと。(R)は"Registered"の略で、登録商標を意味し、(TM)は"Trade Mark"の略で、登録はされていないが商標を強調するための表示。
IPFEAP ストラテジ系
トロイの木馬 Trojan horse
一見通常の動作をしているように見せかけておいて、裏ではOSの設定変更,パスワードの窃盗,外部からの遠隔操作の踏み台になるなどの悪意のある動作を秘密裏に行うウィルス。
IPFEAP テクノロジ系
ドライバ driver
ボトムアップテストにおいて、未完成の上位モジュールの代わりとなるテスト用モジュール。上位モジュールの代わりに下位モジュール内の命令を呼び出す役割をもつ。
FEAP テクノロジ系
盗聴 とうちょう
ネットワークを介して送受信されている音声やデータを不正に傍受する行為。
IPFEAP テクノロジ系
特性要因図 とくせいよういんず
特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表した図。直接的な原因と間接的な原因に分別したり、真の問題点を明確にする効果がある。
図が魚の骨のように見えることから、フィッシュボーンダイアグラムとも呼ばれている。
IPFEAP ストラテジ系
特定商取引法 とくていしょうとりひきほう
訪問販売、通信販売及び電話勧誘販売に係る取引、連鎖販売取引、特定継続的役務提供に係る取引並びに業務提供誘引販売取引をを公正にし、及び購入者等が受けることのある損害の防止を図ることにより、購入者等の利益を保護することを目的とする法律。
IP ストラテジ系
特定電子メール法 
正式名称を「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」といい、無差別かつ大量に短時間の内に送信される広告などといった迷惑メールを規制するために制定された法律。
IP ストラテジ系
独占禁止法 どくせんきんしほう
市場における私的独占、不当な取引制限及び不公正な取引方法を禁止し、事業支配力の過度の集中を防止することで公正且つ自由な競争を促進することを目的とする法律
IP ストラテジ系
© 2010-2018 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop