HOME»【サ】からはじまるキーワード(13語)

【サ】からはじまるキーワード(13語)

サージプロテクト 
コンピュータが稼働している施設の近くに落雷が落ちた場合に,コンセントに接続している電気製品が電気的な過負荷で壊れてしまうことを防ぐために,OAタップなどに組み込まれている機能。
IPFEAP マネジメント系
サーバ仮想化技術 
1台のサーバ上で複数のサーバOSを稼働させる技術。一般に、複数のサーバの機能をを仮想化技術によって1台のサーバに統合すると、
  • サーバの台数が少なくなるので物理的管理が簡易化できる。
  • 1台のサーバに処理が集中するので、サーバの利用率が高くなり資源の有効利用ができる。
  • 1台のサーバに複数の機能を持たせるので、処理以外にかかるCPUのオーバーヘッドは高くなる。
という特徴がある。
IPFEAP テクノロジ系
サービスサポート 
ITIL v2を構成する要素の一つであり、主にITサービス運営における日々の運用の手法について記載されている。サービスサポートは以下の5つのプロセスと1つの機能から構成されている。
構成管理
すべてのIT資産を明確化し、これらの維持管理や他のプロセスが効率的なサービスを提供できるように構成情報の提供を行うプロセス
インシデント管理
システムの異常終了や構成機器の障害発生などのようにサービスの中断やサービス品質の低下につながるような事象が発生した時に、サービスの中断時間を最小限に抑えて速やかに回復することを目指すプロセス
問題管理
インシデントや障害発生の根本原因を突き止め、インシデントの再発防止のための恒久的な解決策を提示することを目的とするプロセス
変更管理
変更作業にともなうリスクを管理し、リスクとメリットを考慮して変更作業の管理とリリース管理プロセスへ引き継ぐかどうかの評価を行うプロセス
リリース管理
変更管理プロセスで承認された変更作業について、実際のサービス提供システムへ変更作業を行うプロセス
サービスデスク
利用者に対して「単一の窓口」を提供し、様々な問い合わせを受付け、その記録を一元管理すると共に問題解決を行う適切な部門・あるいはプロセスへの引き継ぎを担当するプロセス
IPFEAP マネジメント系
サービスデリバリ 
ITIL v2を構成する要素の一つであり、主に中長期的なITサービスの計画と改善手法について記載されている。サービスデリバリは以下の5つのプロセスから構成されている。
サービスレベル管理
サービス提供者と利用顧客の間で合意したサービスレベルを維持管理していくためのプロセス
ITサービス財務管理
ITサービスの提供に必要なコストとITサービス利用に伴う収益性を管理するプロセス
可用性管理
ITサービスの提供に必要なシステムとマンパワーに関する可用性を管理するプロセス
ITサービス継続性管理
ITサービスの提供が停止した場合の顧客への影響を最小限に防ぐ事を目的としたプロセス
キャパシティ管理
利用顧客が要求するサービスレベルに対し、システムに将来必要とされるリソースを管理するプロセス
FEAP マネジメント系
サービスマーク 
商標のうち、商品ではなくサービス(役務)を表示するもので、役務商標(えきむしょうひょう)とも呼ばれる。
IPFEAP ストラテジ系
サニタイジング Sanitizing
ユーザの入力値を受け取り処理するWebアプリケーションにおいて、入力データ中のスクリプトやコマンドとして特別な意味を持つ文字があった場合、HTML出力やコマンド発行の直前でエスケープ処理し無害化すること。
AP テクノロジ系
サブネットマスク 
IPアドレスをネットワークアドレスとホストアドレスに分割し,複数のより小さいネットワークを形成するために使用する32ビット(IPv4では)のビット列。
FEAP テクノロジ系
サムネイル 
多数の画像の一覧を表示するときなどに使われる、元の画像の一部、または元の画像を縮小して見本としたもの。ファイルを開かなくても画像の中身を視認することができる。
IP テクノロジ系
サラミ法 
ソーセージを薄く切り取るという意味に由来し、不正行為が表面化しない程度に,銀行口座などの多数の資産から少しずつ搾取する行為をいう。
IPFEAP テクノロジ系
サンドボックス Sandbox
プログラムの影響がシステム全体に及ぶことを防止するために,プログラムが実行できる機能やアクセスできるリソースを制限して動作させる仕組み。
AP テクノロジ系
差分バックアップ方式 
定期的にフルバックアップを行い、フルバックアップの間の期間は、フルバックアップ以降に変更のあったファイル(差分)だけを記録していく方式。バックアップ時間は短くて済むが、復旧は"フルバックアップの適用→各差分バックアップを適用"という流れになるのでフルバックアップ方式と比較して時間がかかる。
IPFEAP マネジメント系
裁量労働制 
仕事の具体的な内容や出勤・退社の時間を従業員に委ね、実際の労働時間に関係なく労使協定によって定めた労働時間を働いたものとみなされる労働制度。デザイナーや記事の取材や編集を行う業務など労働時間と利益が必ずしも一致するわけではない特定の職種についてのみ採用することが認められている。
IPFEAP ストラテジ系
散布図 さんぷず
縦軸、横軸に2項目の量や大きさ等を対応させデータを点でプロットした図で、2項目間の分布・相関関係を把握するのに使用される。
IPFEAP ストラテジ系
© 2010-2018 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop