HOME»【リ】からはじまるキーワード(12語)

【リ】からはじまるキーワード(12語)

リアルタイムシステム Real-time System
使える資源(リソース)に限りがある状態で、ジョブの実行が命令された時、その処理を決められた時刻(デッドライン)までに終了することに着目した制御工学における概念の一つであり、「即時処理」とも呼ばれている。
IPFEAP テクノロジ系
リエンジニアリング Re-engineering
既存のソフトウェアを利用して新しいソフトウェアを作成するための技術全般を指す言葉。
FEAP テクノロジ系
リスクアセスメント Risk assessment
リスクの大きさを評価し、そのリスクが許容できるか否かを決定する全体的なプロセスのこと。予想されるリスクの可能性と大きさと、許容される可能性と大きさを比較し許容値を超えた場合にリスク軽減またはリスク回避の施策をとる意思決定を行うプロセス。
IPFEAP マネジメント系
リスクコントロールマトリクス(RCM) Risk Control Matrix
業務上に潜在するリスクとそれに対するコントロールの関係を一覧表にしたもの。「業務フロー図」「業務記述書」とともに内部統制の整備状況を明確にするための3点セットと呼ばれている。
IP マネジメント系
リスクマネジメント Risk Management
組織体の活動に伴い発生するあらゆるリスクを、統合的、包括的、戦略的に把握、評価、最適化し、価値の最大化を図る手法のこと。
IPFEAP マネジメント系
リテールサポート 
卸売業者・メーカが,小売店の経営活動を支援してその売上と利益を伸ばすことによって,自社との取引拡大につなげる方法。
FE ストラテジ系
リバースエンジニアリング Reverse Engineering
既存ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図、ソースコードなどを調査する技法。
FEAP テクノロジ系
リピータ Repeater
OSI基本参照モデルの物理層での接続し、データ伝送中に弱くなった電気信号を増幅することで、データの伝送可能距離を延長するLAN間接続装置。
IPFEAP テクノロジ系
リプレイアタック Replay attack
盗聴者が正当な利用者のログインシーケンスをそのまま記録してサーバに送信することで、正規の利用者になりすましてネットワークへの不正アクセスを行う攻撃手法。
AP テクノロジ系
リポジトリ Repository
容器、貯蔵庫、倉庫、集積所などの意味を持つ英単語で、ソフトウェア開発で策定される仕様や、関連する様々なシステム資源の情報を一元的に管理する目的で構築されるデータベース(ファイルやフォルダの場合もある)を意味する。
AP テクノロジ系
リンクアグリゲーション 
複数の物理的な回線を仮想的に束ね、論理的な1つの回線として取り扱う技術。物理的回線の帯域を合計した量の仮想帯域を使用することができるようになるため、高速回線を用いなくても通信帯域を拡大することが可能であったり、その内一つの回線に障害が発生しても他の回線を用いて通信を続けることができるため耐障害性にも優れている。
AP テクノロジ系
流動比率 りゅうどうひりつ
流動資産と流動負債の比率を示す指標で、流動資産÷流動負債で計算される。数値が高いほど企業の短期支払い能力は高いと考えられる。
IPFEAP ストラテジ系
© 2010-2018 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop