平成30年春期試験午前問題 問55

ITサービスマネジメントにおける問題管理で実施する活動のうち,事前予防的な活動はどれか。

  • インシデントの発生傾向を分析して,将来のインシデントを予防する方策を提案する。
  • 検出して記録した問題を分類して,対応の優先度を設定する。
  • 重大な問題に対する解決策の有効性を評価する。
  • 問題解決後の一定期間,インシデントの再発の有無を監視する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:サービスマネジメント
小分類:サービスマネジメントプロセス
ITサービスマネジメントにおける問題管理は、インシデントや障害原因の追及、および恒久的な対策、再発防止策を目的としたプロセスです。

問題管理では、発生したインシデントに対して行う事後活動のほかに、将来起こるかもしれないインシデントを推測し、予防する活動も行います。ITILでは、この予防活動のことを「プロアクティブな活動」と呼んでいます。プロアクティブ(proactive)は、「率先した」や「積極的な」などの意味を持つ英語形容詞です。

選択肢の活動のうち、将来発生する可能性のあるインシデントを予防するためのものは「ア」のみです。

Pagetop