平成30年春期試験午前問題 問26

AR(Augmented Reality)の説明として,最も適切なものはどれか。

  • 過去に録画された映像を視聴することによって,その時代のその場所にいたかのような感覚が得られる。
  • 実際に目の前にある現実の映像の一部にコンピュータを使って仮想の情報を付加することによって,拡張された現実の環境が体感できる。
  • 人にとって自然な3次元の仮想空間を構成し,自分の動作に合わせて仮想空間も変化することによって,その場所にいるかのような感覚が得られる。
  • ヘッドマウントディスプレイなどの機器を利用し人の五感に働きかけることによって,実際には存在しない場所や世界を,あたかも現実のように体感できる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:マルチメディア
小分類:マルチメディア応用
AR(Augmented Reality,拡張現実)は、現実世界の情報にディジタル合成などによって作られた情報を重ねて、人間から見た現実世界を拡張する技術の総称です。VR(Virtual Reality,仮想現実)がCGなどで構築された現実感と現実を差し替えるのに対し、ARは現実の一部を改変することが異なります。

ARを業務に活用した事例として以下のものがあります。
家具の配置シュミレーション
カメラに写した部屋に家具を投影し、購入前に試し置きできる
地図情報を表示
GPS情報をもとに飲食店やランドマークなどの情報を付加した映像を提供する
スマートグラス
視界に付加情報を表示する
美容・ファッション関係
服や化粧品を体に反映してシミュレーションできる
ゲーム
スマートフォンのカメラが写す景色の中にゲームのキャラクタを登場させる
「現実の映像の一部に…仮想の情報を付加」という記述から「イ」がARの説明と判断できます。
  • SR(Substitutional Reality,代替現実)の説明です。
  • 正しい。ARの説明です。
  • VRの説明です。
  • VRの説明です。

Pagetop