平成29年春期試験午前問題 問27

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
RDBMSが二つの表を結合する方法のうち,ソートマージ結合法に関する記述はどれか。

  • 一方の表の結合する列がインデックスに含まれている場合,もう一方の表の結合する列とインデックスの値で結合する。
  • 一方の表の結合する列の値でハッシュ表を作成し,もう一方の表の結合する列と結合する。
  • 一方の表の結合する列の値を順に読み出し,もう一方の表の結合する列と結合する。
  • 結合する列の値で並べ替えたそれぞれの表の行を,先頭から順に結合する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データ操作
ソートマージ結合法は、双方の結合属性の値を整列し、先頭から突き合わせていくことで効率的に結合していく手法です。整列(ソート)と突合せ処理で併合(マージ)していくというのポイントです。
  • インデックスの値は行の格納位置を表すため、列の値とは結合しません。
  • ハッシュ結合法の説明です。
  • 入れ子ループ法(ネストループ法)の説明です。
  • 正しい。ソートマージ結合法の説明です。

Pagetop