平成29年春期試験午前問題 午後問10

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】

問10 ソフトウェア開発(COBOL)

次のCOBOLプログラムの説明及びプログラムを読んで,設問1,2に答えよ。

〔プログラムの説明〕
 八つの支店をもつZ社は4月~翌年3月を事業年度としており,毎年4月に前年度の売上データを集計して売上マスタファイルに格納する。このプログラムは,売上伝票ファイルに格納された前年度の売上データを集計して,売上マスタファイルに格納する。
  • 売上伝票ファイルは,図1に示すレコード様式の順ファイルである。
    pm10_1.gif
    1. 売上伝票ファイルには,前年度の全支店の売上データが,順不同で格納されている。レコード件数がゼロの月はない。
    2. 支店番号には,各支店に対応する01~08の番号が格納されている。支店1は01,支店2は02,…,支店8は08である。
    3. 伝票番号には,各支店で一意となる6桁の数字が格納されている。
    4. 売上日には,西暦の年,月,日が,それぞれ4桁,2桁,2桁で格納されている。
  • 売上マスタファイルは,図2に示すレコード様式の索引ファイルである。主キーは売上年月である。
    pm10_2.gif
    1. 売上年月には,西暦の年,月が,それぞれ4桁,2桁で格納される。
    2. 支店別売上金額には,当該年月における各支店の売上金額が格納される。各支店の月間の売上金額が9桁を超えることはない。
    3. 売上金額合計には,当該年月における全支店の売上金額の合計が格納される。
    4. 売上マスタファイルには,このプログラムを実行する時点で,2000年度から前々年度までのデータが格納されている。
pm10_3.gif

設問1

プログラム中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
a に関する解答群
  • SRT-AMOUNT
  • SRT-BRANCH
  • SRT-DATE
  • SRT-NO
b に関する解答群
  • MST-YYYYMM = SRT-YYYYMM
  • MST-YYYYMMNOT = SRT-YYYYMM
  • MST-YYYYMM = ZERO
  • SRT-YYYYMM = ZERO
c,d に関する解答群
  • ADD MST-BRANCH(CNT) TO MST-AMOUNT
  • ADD MST-BRANCH(SRT-BRANCH) TO MST-AMOUNT
  • ADD SRT-AMOUNT TO MST-BRANCH(CNT)
  • ADD SRT-AMOUNT TO MST-BRANCH(SRT-BRANCH)
  • MOVE SRT-AMOUNT TO MST-BRANCH(SRT-BRANCH)
解答選択欄
  • a:
  • b:
  • c:
  • d:
  • a=
  • b=
  • c=
  • d=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問2

前年度の売上データを集計して,売上マスタファイルに格納する際に,第1四半期から第4四半期の順に,当該四半期における全支店の売上金額の合計を表示するようにプログラムを変更する。第1四半期から第4四半期は,それぞれ4月~6月,7月~9月,10月~12月,1月~3月である。表示例を図3に示す。表1中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
pm10_4.gif
e に関する解答群
  • 行番号30と31の間
  • 行番号40と41の間
  • 行番号47と48の間
  • 行番号52と53の間
f に関する解答群
  • 1 THRU 12
  • 4 THRU 3
  • 4,7,10,1
  • 6,9,12,3
g に関する解答群
  • ADD 1 TO CR-QUART
  • ADD 3 TO CR-QUART
  • MOVE CNT TO CR-QUART
  • MOVE ZERO TO CR-QUART
解答選択欄
  • e:
  • f:
  • g:
  • e=
  • f=
  • g=

解説

この設問の解説はまだありません。

Pagetop