平成29年秋期試験午前問題 問24

次の方式によって求められるチェックディジットを付加した結果はどれか。ここで,データを7394,重み付け定数を1234,基数を11とする。

〔方式〕
  • データと重み付け定数の,対応する桁ごとの積を求め,それらの和を求める。
  • 和を基数で割って,余りを求める。
  • 基数から余りを減じ,その結果の1の位をチェックディジットとしてデータの末尾に付加する。

  • 73940
  • 73941
  • 73944
  • 73947
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ヒューマンインタフェース
小分類:インタフェース設計
設問のの指示に従い、(1)から(3)を計算することによって結果を導きます。
  •  (7×1)+(3×2)+(9×3)+(4×4)
    =7+6+27+16=56
    (1)の結果、和は56です。
  •  56÷11=5余り1
    和を基数で割ると余りは1です。
  •  11-1=10
    基数から余りを減じた結果の1の位である0を、データの末尾に追加します。
     73940
したがって正解は「ア」です。

この問題の出題歴


Pagetop