平成28年秋期試験午前問題 問78

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
図は,定量発注方式の在庫モデルを表している。発注 a の直後に資材使用量の予測が変わって,納品 a の直前の時点における在庫量予測が安全在庫量Sから①で示される X になるとき,発注 a 時点での発注量 E に対する適切な変更はどれか。ここで,発注直後の発注量の変更は可能であり,納品直後の在庫量は最大在庫量を超えないものとする。
78.gif

  • E+S-Xを追加発注する。
  • K+S-Xを追加発注する。
  • K-Xの発注取消を行う。
  • X-Sの発注取消を行う。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:OR・IE
納品a 時点での在庫量予測がSからXに変化したということは、在庫量のグラフは下図のように推移していくことになります。
78_1.gif
納品 a 時点での在庫量はXなので、このときの最適な納品量は"最大在庫量-X"となります。すでに発注済みの資材量"E"から、本来使用するはずだった資材量"X-S"の分の発注を取り消せば、納品 a 時点でちょうど最大在庫量になる量だけが納品されることになります。

したがって「エ」が適切です。
78_2.gif

この問題の出題歴


Pagetop