平成28年秋期試験午前問題 問25

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
音声のサンプリングを1秒間に11,000回行い,サンプリングした値をそれぞれ8ビットのデータとして記録する。このとき,512×106バイトの容量をもつフラッシュメモリに記録できる音声の長さは,最大何分か。

  • 77
  • 96
  • 775
  • 969
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:マルチメディア
小分類:マルチメディア技術
1秒間に11,000回データを取得し、1つのデータを8ビットで記録するので、1分間のデータ量は単純に、

 11,000回×8ビット×60秒=5,280,000ビット

これをビット単位からバイト単位に変換すると、

 5,280,000÷8=660kバイト=0.66Mバイト

と計算することができます。

フラッシュメモリの容量は「512×106=512Mバイト」なので、記録可能な音声の長さは、

 512Mバイト÷0.66Mバイト≒775分

したがって正解は「ウ」になります。

この問題の出題歴


Pagetop