平成28年秋期試験午前問題 問16

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
ある時間帯でのジョブの処理状況を計測したところ,次のとおりであった。どのような状況になっているか。

〔ジョブの処理状況〕
  • 多重度3でジョブを実行する。
  • ジョブは5分間隔で発生し,実行時間は多重度に依存せず20分である。
  • 各ジョブは実行終了後にスプーリング機能を利用して印刷し,印刷時間は15分である。
  • プリンタは2台使用する。

  • 印刷待ちだけが増加している。
  • 実行待ちだけが増加している。
  • 実行待ちと印刷待ちが増加している。
  • 実行待ちも印刷待ちも発生していない。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
まず実行について考えます。
ジョブの多重度とは、同時に幾つのジョブを並列実行できるかという数です。各ジョブの実行時間は20分なので、多重度3だと20分間に3つのジョブの処理を完了できます。つまり、本システムのジョブ実行能力は「20分÷3件≒6.6分/件」です。一方、ジョブは5分間隔で到着するので「時間当たりの処理件数<時間当たりの到着件数」となります。処理件数よりも到着件数の方が多いので、実行待ちジョブが次第に増えていくことになります。

次に印刷について考えます。
1件当たりの印刷時間が15分、プリンタは2台なので15分で2件の印刷を完了できます。つまり、本システムの印刷能力は「15分÷2件=7.5分/件」となります。一方、印刷要求はジョブの実行終了と同時に行われるので、印刷要求の到着間隔はジョブの処理能力と同じ約6.6分/件です。「時間当たりの印刷件数>時間当たりの印刷要求件数」となるので、印刷待ちジョブが次第に増えていくことになります。

実行・印刷とも処理待ちが増加していくので「ウ」が適切な記述です。

Pagetop