平成27年秋期試験午前問題 問67

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
コトラーの競争戦略によると,業界でのシェアは高くないが,特定の製品・サービスに経営資源を集中することによって,収益を高め,独自の地位を獲得することを戦略目標とする企業はどれか。

  • マーケットチャレンジャ
  • マーケットニッチャ
  • マーケットフォロワ
  • マーケットリーダ
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:経営戦略マネジメント
小分類:マーケティング
競争戦略は、1980年にフィリップ・コトラーが提唱した理論で、企業をその市場における地位によって「リーダ」「チャレンジャ」「ニッチャ」「フォロワ」の4つに類型化し、それぞれの企業が置かれた地位に応じて採るべき戦略を提示したものです。
リーダ
市場においてナンバー1のシェアを誇る企業
チャレンジャ
リーダに次ぐシェアを保持し、リーダに競争をしかける2・3番手の企業
ニッチャ
小さいながらも特定の市場で、独自の地位を築いている企業
フォロワ
リーダやチャレンジャの戦略を模倣することで、市場での地位を維持している企業
したがって設問の記述は「マーケットニッチャ」を説明したものです。
  • チャレンジャは、上位企業の市場シェアを奪うことを目標に、製品、サービス、販売促進、流通チャネルなどのあらゆる面での差別化戦略を採ります。
  • 正しい。ニッチャは、潜在的な需要がありながら、大手企業が参入してこないような専門特化した市場に、限られた経営資源を集中するニッチ戦略(集中戦略)を採ります。
  • フォロワは、目標とする企業の戦略を観察し、迅速に模倣することで、開発や広告のコストを抑制し、市場での存続を図る模倣戦略を採ります。
  • リーダは、利潤、名声の維持・向上と最適市場シェアの確保を目標として、市場内のすべての顧客をターゲットにした全方位戦略(フルライン戦略)を採ります。

この問題の出題歴


Pagetop