平成26年秋期試験午前問題 問57

システムの運用に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • 故障した構成品目を切り離し,システムのより重要な機能を存続させることを,縮退運転という。
  • 障害時のファイルの回復を目的として,定期的にファイルを別の記憶媒体に保存することを,リストアという。
  • チェックポイントで記録しておいたデータを使用して,プログラムの実行を再開することを,リブートという。
  • データベースを変更が行われた以前の状態に復元することを目的としたトランザクション処理の記録を,データログという。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:サービスマネジメント
小分類:サービスの運用
  • 正しい。縮退運転は"フォールバック"とも呼ばれます。
  • バックアップの説明です。
    リストア(restore)は、バックアップされたデータを使用してデータを復旧・回復することです。
  • リスタート(restart)の説明です。
    リブート(reboot)は、サーバを再起動して再開をすることです。
  • ログファイル(ジャーナルファイル/トランザクションログ)の説明です。
    データログは、人間が読みやすい形で時系列に記録される操作履歴です。

Pagetop