平成26年秋期試験午後問題 問12

問12 ソフトウェア開発(アセンブラ)

次のアセンブラプログラムの説明及びプログラムを読んで,設問1~3に答えよ。

〔プログラム1の説明〕
 n個の要素(大きさ1語)から成る配列に格納されているデータを,バブルソートによって昇順に並べ替える副プログラム SORT である。
pm12_1.gif
  • 配列の先頭アドレスは GR1 に設定されて,主プログラムから渡される。
  • 配列の要素数 n(n≧2)は GR2 に設定されて,主プログラムから渡される。
  • 配列に格納されているデータは,符号なしの整数とみなして並べ替える。
  • 副プログラムから戻るとき,汎用レジスタ GR1~GR7 の内容は元に戻す。
pm12_2.gif

設問1

プログラム1中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
a,b に関する解答群
  • JMI  CONT
  • JMI  LOOP1
  • JPL  CONT
  • JPL  LOOP1
  • JZE  CONT
  • JZE  LOOP1
解答選択欄
  • a:
  • b:
  • a=
  • b=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問2

次の記述中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。

 主プログラムから渡された配列の要素数nが4で,配列の内容が図2のとき,行番号7のCPL命令はc回実行され,行番号11のST命令はd回実行される。
pm12_3.gif
c,d に関する解答群
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
解答選択欄
  • c:
  • d:
  • c=
  • d=

解説

この設問の解説はまだありません。

設問3

m個の数字列を入力し,副プログラム SORT を使って,昇順に並べ替えて出力する主プログラム MAIN を作成した。プログラム2中の に入れる正しい答えを,解答群の中から選べ。
  • 入力する数字列は4桁以内とする。
  • 2≦m≦100とする。
  • 出力する数字列は4桁で,左のゼロは空白で表示する。
    pm12_4.gif
  • 主プログラム MAIN は入力した数字列を,1語長の2進化10進数に変換して配列に格納し,並べ替えを行う。図4に,数字列'298'を変換した2進化10進数の例を示す。
    pm12_5.gif
pm12_6.gif
e,f に関する解答群
  • AND GR0,=#000F
  • AND GR3,=#000F
  • SLL GR0,4
  • SLL GR3,4
  • SRL GR0,4
  • SRL GR3,4
解答選択欄
  • e:
  • f:
  • e=
  • f=

解説

この設問の解説はまだありません。

Pagetop