平成25年春期試験問題 午前問22

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
ホワイトボックステストにおいて,コード中のどれだけの割合の部分を実行できたかを評価するのに使うものはどれか。

  • アサーションチェッカ
  • シミュレーター
  • 静的コード解析
  • テストカバレージ分析
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:開発ツール
解説
  • アサーションチェッカは、プログラムの正当性を検査するために、変数間で論理的に成立する条件が満たされているかをチェックするツールです。
  • シミュレーターは、プログラムを現実に実行するのではなく、コンピュータプログラム上で模擬実行をするためのツールです。
  • 静的コード解析は、プログラムを実行しない状態でプログラムの検証を行うことをいいます。構文チェッカ、コードオーディタ、モジュールインターフェイスチェックツールなどを用いて確認を行います。
  • 正しい。テストカバレージ分析は、ツールを用いて、テストケースがどの程度プログラムのソースコードを網羅しているかを測定することです。ソースコードの文、分岐、条件、関数などが検証された割合(網羅率)を示すため、テストの品質を客観的に把握することができ、ソフトウェアの品質やテスト妥当性を評価する際の指標になります。

この問題の出題歴


Pagetop