平成23年特別試験午前問題 問13

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
RFIDタグの特徴として,適切なものはどれか。

  • 磁性体に記録された情報を接触によって読み取る。
  • 赤外線を用いて情報を非接触で読み取る。
  • 電磁波を用いて情報を非接触で読み取る。
  • バーコードで記録された情報を光学的に読み取る。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:コンピュータ構成要素
小分類:入出力装置
RFID(Radio Frequency IDentification)は、ID情報を埋め込んだRFタグ(ICタグ)から電磁界や電波を用いて情報のやり取りを行う技術です。通信可能距離は数cm~数m。

非接触型ICカードにはRFIDと同様の技術が用いられていて、現在使われているものには、乗車カード(Suica, PASMOなど)や電子マネー(Edyなど)などがあります。
特徴として「見えなくても読める」ことが挙げられタグが目に見えない隠れた位置にあっても、タグ表面がホコリ、泥などで汚れていても読み取りが可能です。このため、バーコードよりも広い用途が期待されています。
  • 磁気ストライプカードの説明です。
  • タグの読み取りでは赤外線を使用した例が無いようですが、手のひら静脈認証において特徴パターンの抽出に赤外線が用いられることがあります。
  • 正しい。
  • OMR(Optical Mark Reader,光学式マーク読取装置)の説明です。

Pagetop