平成23年秋期試験午前問題 問49

Webサービスを利用するときのSOAPの役割として,適切なものはどれか。

  • Webサービスのインタフェースを記述して,プログラムからサービスを利用できるようにする。
  • Webサービスの情報を登録しておき,利用者がそのサービスを検索できるようにする。
  • Webサービスの送受信プログラム間で, XML形式のメッセージを受け渡す。
  • Webサービスプログラム間の配信保証や重複防止など,データ転送の信頼性を確保する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:アルゴリズムとプログラミング
小分類:その他の言語
SOAP(ソープ)は、ソフトウェア同士がメッセージを交換する遠隔手続き呼び出し(RPC)のためのプロトコルです。汎用なデータ形式であるXMLに基づいて記述されており、Webサービスにとって有効な手段の一つとなっています。

AmazonのWebサービスを例にすると、ソフトウェアが商品データを要求するときにXML形式であるSOAPリクエストを発行し、それに対してWebサービス側からも要求に基づいて商品データがSOAPメッセージとしてかえってくという仕組みです。
  • WSDL(Web Services Description Language)の説明です。
  • UDDI(Universal Description, Discovery and Integration)の説明です。
  • 正しい。
  • WS-RM(Web Services-ReliableMessaging)の説明です。

Pagetop