平成21年秋期試験問題 午前問68

システム開発を外部に発注する場合,受託側が契約不適合責任を負うものはどれか。

  • 委任契約
  • 請負契約
  • パート契約
  • 派遣契約
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:システム企画
小分類:調達計画・実施
解説
契約不適合責任は、売買契約や請負契約において引き渡された目的物や権利関係が契約内容に適合しない場合に、売主等が買主等に対して負う責任のことをいいます。不適合が見つかった場合、買主等は、売主等に対して目的物の修補や代替物や不足物の引渡しを請求したり、代金減額を請求したり、損害賠償を請求したりすることができます。

したがって「イ」の請負契約が正解です。
  • 委任は、特定の事務を処理することを委託する契約です。事務の遂行に当たり善管注意義務はありますが、契約不適合責任はありません。
  • 正しい。請負契約の受託者は、引き渡した成果物に契約不適合責任を負います。
  • パート契約は雇用契約なので、雇用主と従業員の間に発注者と受託者の関係はありません。
  • 派遣契約では、派遣労働者は派遣先の指揮監督の下で業務に従事するので、派遣元は仕事の結果に対する責任を負うことはありません。

Pagetop