平成21年秋期試験問題 午前問32

関係データベースの主キーの性質として,適切なものはどれか。

  • 主キーとした列に対して検索条件を指定しなければ,行の検索はできない。
  • 数値型の列を主キーに指定すると,その列は算術演算の対象としては使えない。
  • 一つの表の中に,主キーの値が同じ行が複数存在することはない。
  • 複数の列からなる主キーを構成することはできない。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース設計
解説
関係データベースの主キーには、①値で表中の行を一意に特定できなければならない(一意性制約)、②NULL(空)値は許されない(非NULL制約)、という2つの制約が課されます。
  • 主キー以外の列の値を使った検索もすることができます。
  • そのような制約はありません。主キー列を集計関数等で計算の対象とすることもできます。
  • 正しい。一意性制約(ユニーク制約)を説明した文です。表中の行を一意に識別できるという性質を保持するため、主キーの値が同じ行が複数存在することは許されません。
  • 1つの属性だけでは行の特定ができない場合、複数の属性を組み合わせて複合主キーとすることがあります。

Pagetop