平成21年秋期試験午前問題 問28

システムの品質を向上させるために,発生した障害の原因についてパレート図を用いて分析した。分析結果から分かることはどれか。

  • 時系列で見た障害の発生原因と発生件数
  • システムの規模と,障害の発生件数との相関
  • 障害の主な発生原因と,それらの原因別の発生件数が全体に占める割合
  • 発生した障害と,それに影響を及ばすと思われる原因との関連
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:保守・廃棄
パレート図は、分析する要素を全体の中の割合が多い順に棒グラフとして並べ、それに累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフです。

この問題の場合では、いくつかある障害要素の中でどれが高い割合を占めているか、また優先的に対策を行う必要がある重要度の高い要素を明らかにすることができます。
  • 折れ線グラフを使うと明らかになることです。
  • 散布図を使うと明らかになることです。
  • 正しい。
  • 特性要因図を使うと明らかになることです。

この問題の出題歴


Pagetop